男気!S0500XX!

投稿日:2008/10/23

定番ジーンズ「S0500XX」通称「男気モデル」ですね。なぜ男気モデルなのかというと、このモデルに使われているデニムが定番15ozデニムの「男気15oz刀耳セルビッチ」だからなのですが、このデニムはS0510XX・S513XXBLや限定モデルなんかにも使われてます。じゃあ510等も「男気モデル」なんじゃないの?と思われますが、S0500XXは男気デニムを始めて採用したモデルなのです。だから最初に男気モデルと言うようになった訳です。

正直、定番ジーンズの中では510シリーズや零シリーズ(S5000VX等)と比べてメジャーでは無く、取扱いショップさんも少ないので、上記シリーズと比べるとあまり見られた事がある方は少ないと思いますが、このモデルはハッキリ言ってかなり良いんですよ!!!

企画段階で色々と新しい試みがあったので個人的にも思い入れが強いモデルなのですが・・・、

先ず生地「男気15oz刀耳セルビッチ」ですね(実は「15.6oz」です!)。綿の産地にこだわったのは初めてですし、それまでオリジナルデニムは弱テンション(いわゆるザラ織り)のデニムが中心でしたが、このデニムはテンションをかけて打ち込み(密度)を限界まで入れています。もちろん穿いていけば柔らかくはなりますが、弱テンションで打ち込みの甘い生地よりはガッチリとした感じになります。でも、結構ザラ感あるやん?とお思いの方もいるでしょうが、これは先ず糸の質が硬く、しかもムラ感も強く、更に紡績段階で綿カスを入れているので、独特のムラのある表情になっているのです。色落ちに関しても、打ち込みはしっかり入っているので、ザラの強いデニムに良く見られる「点落ち」では無く、「縦落ち」感の強い表情です。サムライジーンズの中では一番縦落ち感の強いデニムですね。上記に書いてますが510シリーズ等にもこのデニムは採用しているのでそちらでも色落ちを体験して頂けます。

縫製についても、今では定番的な仕様にしていますが、実は「0番糸」を始めて使ったモデルなんですね(0番はかなり太い糸です)。脇押さえと言われるポケットのサイドにある帯から下に向けて走っている10cm位のステッチに使ってます。このモデルをきっかけに0番を良く使うようになったと言っても過言ではありません。そして全体的なステッチも一部違う色を使ったり、使用箇所も他モデルとは違う使い方をしています。後、バックポケット口の巻き込んで膨らみを持たせた仕様であったり、ベルトループのWステッチの間隔等もこのモデルならではです。良く見ると他のサムライ定番モデルとはちょっと違う事がわかって頂けると思います。

シルエットはこのモデル独自です。ちょっと細身ですがかなり穿きやすいです。とても良いシルエットですよ。S5000VX等と比べ裾まわりがスッキリとしています。股上は浅くも深くも無いちょうど良い位です。他モデルだと限定企画等でシルエットを流用する事は良くありますが、今の所このシルエットに関してはS0500XXだけですね。外国人のお客様にも人気の高いシルエットです。HP「サムジー広場」の色落ち自慢の所で外国人のお客様によるS0500XXの色落ちコンテストを見て頂けます。http://www.clarksvegas.com/denim/

そんな感じでS0500XXはかなりオススメです!!今月入荷しておりまーす!!

ちなみに色落ち写真は8か月位ほぼ毎日穿いたものです。

コメント/トラックバック

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。